やましろ健康医療生協

ケアステーション あさくら『居宅介護支援事業所ケアステーションあさくら』は安心して暮らすために 心をこめてケアプランを作成します。

安心して暮らせるように心をこめてケアプランを作成します。

リンク サービスの利用者負担

サービスは、かかった費用の1割(10%)を自己負担します。

○1ヶ月のサービス利用額のめやす

介護保険では、要介護度ごとに1ヶ月に利用できるサービスの費用に上限(支給限度額)がもうけられています。限度額を超えたサービスを利用した場合、超えた分は全額自己負担となります。なお、おむつ代やガーゼ代など、実費がかかることもありますので、契約の際に確認しましょう。

在宅サービスの1ヶ月の支給(利用)限度額
要介護度 支給限度額(月額)
要支援1 49,700円
要支援2 104,000円
経過的要介護 61,500円
要介護1 165,800円
要介護2 194,800円
要介護3 267,500円
要介護4 306,000円
要介護5 358,300円

施設サービスを利用した時の自己負担
施設の種類 一日あたりの負担額  
介護老人福祉施設
(特別養護ホーム)
677〜 959円  + 居住費・食費
介護老人保健施設 819〜1028円 
介護両用型医療施設
(療養型病床群等)
820〜1360円 
※いずれも、標準的な職員配置の場合です。

(1)居住費(ショートステイの場合は滞在費)

居室は、多床室(相部屋)、従来型個室、ユニット型準個室、ユニット型個室の4つに区分されます。
多床室(相部屋)については光熱水費相当、従来型個室・ユニット型準個室・ユニット型個室については室料と光熱水費相当が自己負担になります(具体的な金額は各施設で設定されます)。

(2)食費

食材料費と調理費相当が自己負担になります(具体的な金額は各施設で設定されます)。

● 介護保険施設の居住費・食費の負担額(ショートステイを含む)

世帯全員が市町村民税非課税の方(市町村民税世帯非課税者)や生活保護を受けておられる方の場合は、各市町村へ申請することにより、施設利用・ショートステイの居住費(滞在費)・食費の負担が軽減されます。

【単位:万円】(月額概数)
対象者 区分 居住費(居住の種類により異なる)   食費
多床室
(相部屋)
の場合
従来型個室
の場合※
ユニット型
準個室
の場合
ユニット型
個室の
場合
生活保護受給者 利用者負担
第1段階
0 (1) 1.0 1.5 2.5 + 1.0
老齢福祉年金受給者
課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方 利用者負担第2段階 1.0 (1) 1.3
(2) 1.5
1.5.0 2.5 + 1.2
利用者負担第2段階以外の方(課税年金収入が80万円超266万円未満の方など) 利用者負担第3段階 1.0 (1) 2.5
(2) 4.0
4.0 5.0 + 2.0
上記以外の方 利用者負担第4段階 施設との契約により設定されます。なお、所得の低い方に補足的な給付を行う場合に基準となる平均的な費用額は次のとおりです。
1.0 (1) 3.5
(2) 5.0
5.0 6.0 + 4.2

※ (1)は特別養護老人ホーム、短期入所生活介護の場合。(2)は老人保健施設、介護療養型医療施設、短期入所療養介護の場合。
※ 経過措置があります。
● 実際の負担額は、日額で設定されます(ショートステイも同じ)。
● 利用者のご負担は居住費・食費のほか、介護保険サービスの1割負担があります。その他、施設によっては、日常生活費、特別な室料(特別な食費)がかかる場合があります。

▲ページのトップにもどる
このサイトに関するご意見は、Yamashiro.Coop@mc5.seikyou.ne.jp までお願いします。
©2005 Yamashiro health & medical co-operative, all rights reserved.