情報放送局


 アンケート結果

 
Q.20
 大ヒット公開中で記録更新中の「踊る大捜査線 THE MOVIE 2」、4日には5年前の「踊る大捜査線 THE MOVIE」も再度再放送されました。
 7年前の「テレビドラマシリーズ」、稲垣吾郎ゲストの「歳末特別警戒スペシャル」、内田有紀主演の「湾岸署婦警物語」、大塚寧々ゲストの「秋の犯罪撲滅スペシャル」、そして「THE MOVIE」と「THE MOVIE 2」。どの作品が最もよかったですか?
A.「テレビドラマシリーズ」 15票 32%
B.「歳末特別警戒スペシャル」 3票 6%
C.「湾岸署婦警物語」 0票 0%
D.「秋の犯罪撲滅スペシャル」 1票 2%
E.「THE MOVIE」 5票 11%
F.「THE MOVIE 2」 21票 45%
G.どれともいえない 2票 4%
 
(アンケート実施期間:2003.10.4〜2003.10.24 全47票)

45%

32%

11%
 
 『THE MOVIE 2』と回答した方が半数近くにのぼったものの、『テレビドラマシリーズ』という回答も1/3を占めました。
 
 
 
Q.19
 夏ドラマでは視聴率低迷につき3本ものドラマを短縮させたTBSでしたが、 先日28日に放送されたTBSドラマ特別企画「さとうきび畑の唄」が、26.4%の高視聴率を記録しました。 この高視聴率の最大の要因は何であったと思いますか?
A.ストーリー 21票 53%
B.キャスト 16票 40%
C.スタッフ 0票 0%
D.放送曜日時間 0票 0%
E.その他 3票 8%
 
(アンケート実施期間:2003.9.30〜2003.10.20 全40票)

53%

40%
 
 「泣けました」とのコメントとともに、『ストーリー』と回答した方が過半数を超え、次いで、『キャスト』という意見が見られました。
 
 
 
Q.18
 「トリビアの泉(フジテレビ系)」に登場するボタンを商品化した「1/1 へぇボタン」がバンダイより発売されることとなったようです。定価は1980円。 商品詳細
 販売目標は2004年3月末までに10万個を予定しているようです。 人気番組に便乗した商品ですが、この販売目標は達成されると思いますか?
A.達成すると思う 1票 6%
B.どちらかといえば達成すると思う 0票 0%
C.どちらともいえない 1票 6%
D.どちらかといえば達成しないと思う 3票 19%
E.達成しないと思う 11票 69%
 
(アンケート実施期間:2003.9.21〜2003.10.11 全16票)

19%

69%
 
 人気番組の便乗商品といえど10万個はさすがに売り上げられないだろうと言う意見が多く見られました。
 
 
 
Q.17
 10月スタートの「めざましどようび(フジテレビ系)」のお天気キャスターにTBS小林麻耶アナの妹・小林麻央が起用されることとなったようです。  姉妹対決! TBSアナウンサー小林麻耶 vs フジテレビお天気キャスター小林麻央  この注目の姉妹、どちらのほうがより視聴率が取れる人物だと思いますか?いろいろな観点から考えお答えください。  なお、10月の「めざましどようび」番組以降、さらに小林麻央に関してのアンケート実施予定です。次回もご投票のほどよろしくお願いいたします。
A.アナウンサー「小林麻耶」 9票 23%
B.どちらかといえばアナウンサー「小林麻耶」 1票 3%
C.どちらともいえない 12票 31%
D.どちらかといえばお天気キャスター「小林麻央」 12票 31%
E.お天気キャスター「小林麻央」 5票 13%
 
(アンケート実施期間:2003.9.12〜2003.10.2 全39票)

23%

31%

31%

13%
 
 アナウンサーのアイドル化を指摘する声も見られましたが、 話題性のある人気のあるアナウンサー・キャスターをつくりあげることにより、 つられてみてしまう視聴者のほうにも問題があるのかもしれません。
 
 
 
Q.16
 20周年を迎えた「高校生クイズ(日本テレビ系)」は、各地区予選の縮小、 一芸予選やインターネット予選・新聞クイズ予選などの新設、MCに爆笑問題を起用といろいろとリニューアルされました。 昨年までのものとリニューアルされた今年のものとどちらがよかったですか?
A.昨年までのもののほうがよかった 41票 85%
B.どちらかといえば昨年までのもののほうがよかった 2票 4%
C.どちらともいえない 2票 4%
D.どちらかといえば今年のもののほうがよかった 0票 0%
E.今年のもののほうがよかった 3票 6%
 
(アンケート実施期間:2003.9.12〜2003.10.2 全48票)

85%
 
 「昨年までのもののほうがよかった」と答えた人が85%もを占めました。 番組のリニューアルは裏目に出たといえるのでしょうか。
 


製作著作 情報放送局 〜 Information Broadcasting Station 〜