山宣タイトル
 ▼リンク

 
山本宣治

 昭和のはじめ、京都大学や同志社大学で生物学(人生生物学)を教えていた学者出身の国会議員が暗殺されるという事件がありました。彼が39歳の時です。
 その人、山本宣治は若い頃アメリカ大陸に渡って、当時の日本には無かった「自由と民主主義」を身につけ、学者になってからも、ただ学生に学問を教えるだけで満足せず、貧しい労働者・農民にまじって世の中をよくする運動にみを投じた人でした。
 そして、やがて労農党の代表として衆議院議員に当選、代議士になってからも、戦争へ戦争へと国民を引きづって行こうとしていた政府の政策に真っ向から反対し、軍国主義者から命を狙われていたのでした。
 人々が慣れ親しんで「山宣」と呼んだその人は、宇治川のほとりにある料理旅館「花やしき浮舟園」の若主人でもあった人で、宇治の町では毎年彼の命日である3月5日、善法の墓地で「山宣墓前祭」をひらき、平和と民主主義を守るために死んでいった故人をしのび、彼の意志を受け継ぐことを誓い合う集いを持っています。


山宣をはぐくんだ宇治

 宇治は古くから源氏物語、宇治川の先陣争い、そして平等院や黄檗山萬福寺など歴史の舞台に登場することが数多く、文人墨客が和歌、俳句に詠み、四季を通じてその美しい風景は、絵にもしばしば描かれている。
 山本宣治はこの地にはぐくまれ、またここを生活の場として激しい時代を生き、そのたたかいを身に投じた。人々は限りない敬愛と愛情の念を持って、その人を”山宣”と呼ぶ。

山本宣治の歩み
  • 1889(明治22)年5月28日
    京都市の繁華街新京極でワン・プライス・ショップという名の今でいうアクセサリー店を営む山本亀松、多年の一人息子として生まれた。
    両親は熱心なクリスチャン。
    病弱のため神戸第一中学校を中退した山宣は、両親が彼の養育のために建てた宇治川畔の別荘(後に料理旅館「花やしき浮舟園」に発展)で花づくりをして育った。
    神戸中学時代の先輩に竹久夢二がおり、後に妻千代の絵を描いている。

  • 1906(明治39)年
    大隈重信邸へ園芸見習のために住み込む。

  • 1907(明治40)年
    18歳で園芸研究のためカナダ・バンクーバーに渡り、5年間皿洗い、園芸、鮭捕漁夫などの仕事をしながら、苦学の生活を送る。
    ダーウィンの「進化論」を学ぶ。この時期に、労働者としてのたくましさと科学的なものの見方を身につける。

  • 1911(明治44)年
    父の病気のため帰国。旧制第三高等学校を経て東京帝国大学へ進み、動物学を専攻。

  • 1920(大正9)年
    京都帝国大学大学院入学。また同志社大学予科講師となり学生に「人生生物学」を講義、性教育啓発家としての活動を始める。

  • 1922(大正11)年
    アメリカの産児調節運動家サンガー女史の訪日をきっかけに、労働者農民の中で産児制限運動を始める。

  • 1924(大正13)年
    京都労働学校長となり、労働者教育に携わる。この頃、「産児調節評論」(後に「性と社会」と改題)を発行する。

  • 1926(大正15)年
    日本農民組合に入り南山城地方の小作争議を指導。

  • 1928(昭和3)年
    38歳で第1回普通選挙に京都府第2区より立候補し当選。第56帝国議会で、3.15事件などでの官憲の拷問を取り上げて政府を追及。

  • 1929(昭和4)年
    大阪での全国農民組合大会で挨拶。「実に今や階級的立場を守るものはただ一人だ、山宣独り孤塁を守る!だが僕は淋しくない、背後には多くの大衆が支持しているから・・・」ここで挨拶は中止させられた。
    この言葉は、墓碑銘として刻まれている。
    治安維持法改正令(勅令)の事後承認案反対のため、発言原稿を準備して議会に臨んだが妨害にあって発言できず。
    その夜、東京・神田の宿舎において、右翼「七生義団」のテロリスト黒田保久二により暗殺される。享年39歳。
    山宣なきあと、日本は満州事変から上海事件へ、太平洋戦争へとつき進んでいった。

山宣の墓と裏の墓碑銘






山宣ひとり孤塁を守る

だが私は淋しくない

背後には大衆が支持してゐるから

墓碑銘を塗りつぶすまで建立は許されなかった。
しかし何度塗りつぶされても、いつのまにか彫りとられていた・・・。


2017616

共謀罪法案強行採決・成立の暴挙に安倍首相あて抗議文送付

 

    宇治山宣会は、強行採決の翌日、安倍首相あてに「共謀罪法案の採決強行・成立に断固抗議する」との抗議文をFAX送信しました。

 抗議文は、「憲法違反の共謀罪法案の採決強行・成立に断固抗議するとともに、今回の議会制民主主義を踏みにじる乱暴極まりない議会運営も断じて許すことはできない。」

「審議をすればするほど問題点が明らかになり、・・・国民の批判、反対世論が急速に高まり、それに加えて、加計学園問題での前文科省事務次官の告発や『総理のご意向』文書の存在が明らかになる中で、真実を求める国民世論の高まりと国会での追及に追い詰められた結果、安倍政権は今回の強行採決の暴挙に出たのである。」

「戦前、労働組合は対象でないと説明して治安維持法が制定され、戦争反対の国民の声は徹底的に圧殺され、日本は戦争への道を突き進んだ。この痛苦の歴史を再び繰り返してはならない。治安維持法に命がけで反対し反戦平和を掲げてたたかい、ついには暗殺された山本宣治。この山本宣治の生涯とたたかいに学び、その遺志を受け継ぐ活動をすすめる宇治山宣会は、改めて今回の暴挙に対し断固抗議するとともに、治安維持法の現代版 共謀罪の廃止、憲法9条改悪を許さないために、多くの市民・団体と共同していっそう奮闘する決意である。」としています。

山本宣治生誕128年記念行事を開催

        64日午後  花やしき浮舟園で

記念講演会に100人、山本宣治を語る懇親会に35人が参加

現代版治安維持法=共謀罪を廃案に!の思い強める

 

記念講演をする本庄 豊さん

64日、山本宣治一家が暮らした花やしき浮舟園で、生誕128年記念講演会が開催され、本庄豊さん(立命館宇治中学・高校教諭、山宣祭実行委員長)が、「自由と民主主義、平和に命をささげた山本宣治〜許すな! 昔 治安維持法、今 共謀罪〜」と題して記念講演をし、また、永島民男さん(東京山宣会会長)が、「『光栄館跡地近辺に記念プレート設置』の活動など東京山宣会の取組み」と題して特別報告を行いました。

今年の会場は、新緑が美しい宇治川の景色を望む“花やしきのロビー”を仕切った、広くて贅沢な会議室。記念講演会には山本宣治の孫の山本勇治さん、ひ孫の永島梓さんをはじめ、会場いっぱいの100人が参加しました。

共謀罪を廃案に!との思いを強くさせた記念講演

〇記念講演で本庄さんは、“治安維持法とはいかなる法律であったか”、また“現代版 治安維持法と呼ばれる共謀罪との類似点とその危険な中身を説明”、さらに“安倍極右政権の素顔と危険性”、“山宣周辺研究の報告”などについて、プロジェクターを駆使した分かりやすい話の展開、時には笑いも起こる興味深い内容で、参加者を引き付けました。

〇この中で本庄さんは、治安維持法に関して、“思想や研究を取り締ることはない、無辜の民を圧迫することはない”などと政府は国会で答弁をしていたが、思想・内心の取り締まりは当局のさじ加減で解釈を拡大し、政府を批判する人々を徹底して弾圧した。その数は検束・勾留者数十万人、小林多喜二など弾圧が原因で命を落とした人514人に上ると指摘。その結果、社会の中に「自主規制」が広がり、社会運動団体の中でもスパイがいるのではとの疑心暗鬼が広がり団結できない状況も生まれたと語った。

    そして、共謀罪法案についても、実際の犯罪行為がなくても準備行為をしたとして取り締ることになる、そのためには一般人も含めて日常的な電話、メール、ラインの盗聴、監視カメラなどを使った盗撮などが当たり前になる。監視型管理社会は、政権にいるものにとっては、国民の批判を封じ込めるために都合がよい。思想・良心の自由は侵害され、まさに治安維持法そのものと指摘。憲法違反の共謀罪法案の廃案を訴え、参加者は何としても廃案を!の思いを強くしました。

●東京山宣会の目覚ましい活動に注目・・・永島民男さんが特別報告

続いて、東京山宣会会長の永島民男さんが、東京山宣会の活動について報告しました。

〇まず、201011月の結成以来の主な活動として、◆毎年3月の学習会開催、◆昨年3月発行のブックレット「“我らのやません”と東京」(発行部数1000冊)が年内に完売し、今年6月に初版本にプラス10ページの増補新版(1000冊)を発行。◆昨年5月に「山宣の東京を歩くツアー(フィールドワーク)」を開催。◆昨年10月にホームページを開設。◆昨年11月の総会で会長に永島さんを選出したのをはじめ役員の若返りをはかった、などが報告されました。

〇次に、千代田区「まちの記憶プレート」設置の取り組みを報告。

  千代田区が平成18年度から区の予算で「まちの記憶プレート」設置をすすめており、現在18基が設置されている。昨年8月、東京山宣会として「山宣終焉の地プレート」の設置を申請、今年2月の区議会で認可され、現在、設置場所について協議中で、結論が出次第、設置となる。その時は、東京山宣会としてセレモニーの開催を予定している。なお、プレート設置経費は区が負担、タイトルは「山本宣治終焉の地 光榮館跡」、説明書きは「軍国主義の時代、民衆の中で産児調節と反戦平和・主権在民を説き、国会では国民弾圧の治安維持法に唯1人反対した代議士。1929(昭和4)年35日夜、この地で右翼暴漢の凶刃により、39歳の生涯を閉じる。」を考えている。また、区議会での設置認可にあたっては、花やしき山宣資料館保存の「光榮館からの年賀状」が、山宣が光榮館を定宿にしていたことを証明し、大いに役立った、などと報告された。

〇最後に、現在の情勢のもとで山宣への関心が高まっているとして、いくつかの出来事を紹介し、今こそ山宣にもっと光を当てよう、そのためにも全国各地の山宣会が連携を強め、活動をすすめようと呼びかけました。   

●第2部宇治山宣会総会に40人、第3部山本宣治を語る懇親会に35人が参加

〇記念講演会の後、第22017年度宇治山宣会総会が開催され、前回総会(20165月)以降の活動報告と決算報告、2017年度の活動計画と予算、役員候補が提案され、審議の後、いずれも承認・可決されました。

また総会では、特別決議「『共謀罪』法案、憲法9条改悪に断固反対する」を安倍首相あてに送付することを確認し、翌5FAX送信しました。

〇その後、会場を大広間に移し、花やしきの美味しい料理を食しながら山宣への思いや日頃の活動など和やかに交流し、最後に集合写真を撮り散会しました。

※これら記念講演をはじめ、山本宣治生誕128年記念行事の詳細については、今年12月発行予定の会誌「山宣」23号に掲載する予定です。

 会誌「山宣」第22号を発行

 

会誌「山宣」第22号を発行

宇治山宣会は1995年以来、毎年会誌「山宣」を発行し22号となりました。山本宣治に関する情報や、宇治山宣会をはじめ各地の山宣会の活動、そして山宣ファンの思いなどを全国に発信する山宣情報誌です。

安倍政権が国民多数の声を無視して「海外で戦争する国」へと突き進むいま、かつて命がけで反戦平和をたたかった山本宣治の思いを学び、生かしたいと思っています。

山宣の手紙発見 P108P111
「未公開の山本宣治直筆の手紙」全文を掲載しています。1911826日にカナダで書かれたもので、神戸在住の松山需吉(もとよし)さんあてに送られたもの。ハイスクールの入学試験に1番で合格した時期で、勉学への意欲、社会への関心、近況などが機知にとんだ文章で生き生きと綴られています。手紙は全4ページ、1ページ目のコピーも載せています。興味深いことに、封筒の裏には『山宣より』と自署しています。

記念講演「豊かな人間関係に育まれた山本宣治」 P31P56

  昨年5月に開催された生誕記念講演会での大林道子さんの記念講演を掲載しています。22号への掲載にあたり、当日時間の都合で語りつくせなかった内容や詳細な資料も新たに加筆、24ページにのぼる労作となっています。人間性豊かな山本宣治の人格形成、成長過程を豊かな人間関係(驚くような人物も)の中でとらえ語られています。

井出武三郎さんを偲ぶ 井出武三郎さんの一言集(P91P105) 

昨年124日に97歳で亡くなった井出武三郎さん。妻が山宣の二女・美代さん。墓前祭後の「茶話会」で、締めくくりの発言をしばしばしていただきました。元共同通信論説委員長だけあって、時々の世界の動きを的確に分析し、示唆に富んだお話を聞かせていただきました。20045月には、生誕記念講演をしていただきました。

【購読申し込み】 『山宣』22号はB5判、114ページで500冊発行。11000円で頒布中。送付の場合は別途送料等100円必要。宇治山宣会事務局まで電話・FAXで、0774-48-2472

父・山本宣治


 山宣の長女 故山本治子さんの歌集「清明の季」より

 梅、椿、咲きて近づく春ながら今日ぞくるしく父偲ぶなり

 六十年前主権在民ゆるさざる頑迷は父の命うばひつ

 謀られて死したる父の無念にぞぬば玉闇に紅梅にほふ

 父はただに生物学者と思ひおかむ轉身ののちのむごき死ゆえに

 その肩に膝に愛な子は遊びしをおもひいだせぬ亡き父のこゑ

 


宇治山宣会
事務局 宇治市大久保町北ノ山11−1 薮田方

ご意見・ご感想をお寄せ下さい
Yamashiro.Coop@mc5.seikyou.ne.jp

▲ページのトップにもどる