山宣タイトル
 ▼リンク

 
山本宣治

 昭和のはじめ、京都大学や同志社大学で生物学(人生生物学)を教えていた学者出身の国会議員が暗殺されるという事件がありました。彼が39歳の時です。
 その人、山本宣治は若い頃アメリカ大陸に渡って、当時の日本には無かった「自由と民主主義」を身につけ、学者になってからも、ただ学生に学問を教えるだけで満足せず、貧しい労働者・農民にまじって世の中をよくする運動にみを投じた人でした。
 そして、やがて労農党の代表として衆議院議員に当選、代議士になってからも、戦争へ戦争へと国民を引きづって行こうとしていた政府の政策に真っ向から反対し、軍国主義者から命を狙われていたのでした。
 人々が慣れ親しんで「山宣」と呼んだその人は、宇治川のほとりにある料理旅館「花やしき浮舟園」の若主人でもあった人で、宇治の町では毎年彼の命日である3月5日、善法の墓地で「山宣墓前祭」をひらき、平和と民主主義を守るために死んでいった故人をしのび、彼の意志を受け継ぐことを誓い合う集いを持っています。


山宣をはぐくんだ宇治

 宇治は古くから源氏物語、宇治川の先陣争い、そして平等院や黄檗山萬福寺など歴史の舞台に登場することが数多く、文人墨客が和歌、俳句に詠み、四季を通じてその美しい風景は、絵にもしばしば描かれている。
 山本宣治はこの地にはぐくまれ、またここを生活の場として激しい時代を生き、そのたたかいを身に投じた。人々は限りない敬愛と愛情の念を持って、その人を”山宣”と呼ぶ。

山本宣治の歩み
  • 1889(明治22)年5月28日
    京都市の繁華街新京極でワン・プライス・ショップという名の今でいうアクセサリー店を営む山本亀松、多年の一人息子として生まれた。
    両親は熱心なクリスチャン。
    病弱のため神戸第一中学校を中退した山宣は、両親が彼の養育のために建てた宇治川畔の別荘(後に料理旅館「花やしき浮舟園」に発展)で花づくりをして育った。
    神戸中学時代の先輩に竹久夢二がおり、後に妻千代の絵を描いている。

  • 1906(明治39)年
    大隈重信邸へ園芸見習のために住み込む。

  • 1907(明治40)年
    18歳で園芸研究のためカナダ・バンクーバーに渡り、5年間皿洗い、園芸、鮭捕漁夫などの仕事をしながら、苦学の生活を送る。
    ダーウィンの「進化論」を学ぶ。この時期に、労働者としてのたくましさと科学的なものの見方を身につける。

  • 1911(明治44)年
    父の病気のため帰国。旧制第三高等学校を経て東京帝国大学へ進み、動物学を専攻。

  • 1920(大正9)年
    京都帝国大学大学院入学。また同志社大学予科講師となり学生に「人生生物学」を講義、性教育啓発家としての活動を始める。

  • 1922(大正11)年
    アメリカの産児調節運動家サンガー女史の訪日をきっかけに、労働者農民の中で産児制限運動を始める。

  • 1924(大正13)年
    京都労働学校長となり、労働者教育に携わる。この頃、「産児調節評論」(後に「性と社会」と改題)を発行する。

  • 1926(大正15)年
    日本農民組合に入り南山城地方の小作争議を指導。

  • 1928(昭和3)年
    38歳で第1回普通選挙に京都府第2区より立候補し当選。第56帝国議会で、3.15事件などでの官憲の拷問を取り上げて政府を追及。

  • 1929(昭和4)年
    大阪での全国農民組合大会で挨拶。「実に今や階級的立場を守るものはただ一人だ、山宣独り孤塁を守る!だが僕は淋しくない、背後には多くの大衆が支持しているから・・・」ここで挨拶は中止させられた。
    この言葉は、墓碑銘として刻まれている。
    治安維持法改正令(勅令)の事後承認案反対のため、発言原稿を準備して議会に臨んだが妨害にあって発言できず。
    その夜、東京・神田の宿舎において、右翼「七生義団」のテロリスト黒田保久二により暗殺される。享年39歳。
    山宣なきあと、日本は満州事変から上海事件へ、太平洋戦争へとつき進んでいった。

山宣の墓と裏の墓碑銘






山宣ひとり孤塁を守る

だが私は淋しくない

背後には大衆が支持してゐるから

墓碑銘を塗りつぶすまで建立は許されなかった。
しかし何度塗りつぶされても、いつのまにか彫りとられていた・・・。

 

「平和のための京都の戦争展」 武器なき斗い上映会に44人が参加

 映画作成の経過を話す薮田会長

宇治山宣会は、84日、立命館大学国際平和ミュージアムで開催中の第36回平和のための京都の戦争展で、映画「武器なき斗い」(山本薩夫監督)の上映会を行いました。戦争展での上映は2008年以来8年ぶり。開会時間が平日の朝945分ということで来場者の方が心配でしたが、44人が参ました。

この映画は、1929(昭和4)年、戦争反対、平和と民主主義を求める人々を弾圧し、国民を戦争に駆り立てる悪法―治安維持法そのものに国会でただ一人反対し、ついには権力側が送り込んだ暴漢に暗殺された山本宣治の人間味溢れる生涯とたたかいを描いた作品。1959年に発行された西口克己の伝記小説『山宣』を原作に、関西の労働者を中心に映画化が呼びかけられ監督を山本薩夫に依頼、60年安保闘争の高揚の中で働く人々のカンパとエキストラ動員で制作され609月に完成、10月関西各府県で封切られ上映運動が繰り広げられました。当時社会党委員長だった浅沼稲次郎がテロによって倒れた直後の公開ということで一層注目を集めました。

上映会の感想文では、自身が高校時代にたたかった60年安保闘争の中でこの作品に出会ったことを紹介し、「今の時代につながる感動を再び味わえてよかった」と綴ったものや、「見るたびに教えられることが多くある」など感動の様子が書かれています。

父・山本宣治


 山宣の長女 故山本治子さんの歌集「清明の季」より

 梅、椿、咲きて近づく春ながら今日ぞくるしく父偲ぶなり

 六十年前主権在民ゆるさざる頑迷は父の命うばひつ

 謀られて死したる父の無念にぞぬば玉闇に紅梅にほふ

 父はただに生物学者と思ひおかむ轉身ののちのむごき死ゆえに

 その肩に膝に愛な子は遊びしをおもひいだせぬ亡き父のこゑ

 


宇治山宣会
事務局 宇治市大久保町北ノ山11−1 薮田方

ご意見・ご感想をお寄せ下さい
Yamashiro.Coop@mc5.seikyou.ne.jp

▲ページのトップにもどる